Serene Bach - sb Development Laboratory presents

<< Serene Bach 3.00 beta017 | main | Serene Bach 3.00 beta019 >>

Serene Bach 3.00 beta018

Serene Bach 3 beta018 を公開しています(ダウンロードセンター)。

β版の動作は不安定な場合があります。あらかじめご了承の上、ご利用下さい。

Serene Bach 3.00 beta018 では、以下のバグが修正されました。

  • 記事エディタのリサイズバーの幅が若干ずれて見えます

また、以下の仕様変更があります。

  • 管理画面スタイルを選択可能に
  • 記事タイトルが無記名のときの処理を若干変更

Serene Bach 3 では管理画面のスタイルとして

  • blue
  • green
  • rose

が用意されています。「ユーザープロフィール」→「編集設定」→「管理画面スタイル」より選択できます。

ユーザープロフィールは、画面右上のユーザー名から開くことができます。

Serene Bach 3.00 beta018 では、以下の機能が追加されました。

  • FastCGI (mod_fastcgi) 上で動作するように

Serene Bach 3 のスクリプトを FastCGI で動作させる (手順一例)

FastCGI は、スクリプトのプロセスをサーバ上で永続的に実行することで、スクリプトの起動と終了にかかる時間を節約するための仕組みです。

手元のごく簡単なテストでは、FastCGI としてスクリプトを起動させることで、全再構築にかかる時間が 20% ほど改善しています。

Serene Bach 3 のスクリプトを設置したディレクトリの「.htaccess」ファイルに以下の記述を追加する。

AddHandler fastcgi-script .fcgi

サーバ環境によっては、必要ない場合もあります。詳細はサーバ管理者にお尋ねください。

FastCGI で動作させるスクリプトの拡張子を fcgi に変更する。

  • sb.cgisb.fcgi
  • admin.cgiadmin.fcgi
  • mb.cgimb.fcgi

設定ファイル「init.cgi」に対応するスクリプトの名称指定を追記する。

basic_sb sb.fcgi
basic_admn admin.fcgi
basic_mob mb.fcgi

対応するスクリプト名指定のデフォルト設定は /lib/config.pl をご参照ください。

名称変更したスクリプトにアクセスして、正しく表示されることを確認したら終了です。

Serene Bach 3.00 beta017 からのバージョンアップ

Serene Bach 3.00 beta017 からは、以下の手順でバージョンアップを行なってください。

  1. lib/, resource/ ディレクトリの内容を差し替える、もしくは、以下の表に示すファイルを差し替える
  2. 管理画面にアクセスして、ログインできることを確認する

新規追加されたファイル、削除されたファイルなどがありますので、ご注意ください。

lib/ ディレクトリ内sb.pm
config.pl
lib/sb/ ディレクトリ内App.pm
Config.pm
Content.pm
FastCGI.pm (新規追加)
Interface.pm
Language.pm
Object.pm
Plugin.pm
lib/sb/Admin/ ディレクトリ内Amazon.pm
Build.pm
Category.pm
Entry.pm
Home.pm
Link.pm
List.pm
Profile.pm
User.pm
lib/sb/App/ ディレクトリ内Admin.pm
Xmlrpc.pm
lib/sb/Content/ ディレクトリ内List.pm
lib/sb/Data/ ディレクトリ内Entry.pm
lib/sb/File/ ディレクトリ内Dir.pm
lib/sb/Language/ ディレクトリ内en.pm
ja.pm
lib/resource/ ディレクトリ内ja.txt
styleset.txt (削除)
lib/resource/ja/ ディレクトリ内entry.html
resource/ ディレクトリ内ext_blue.css
ext_green.css
ext_rose.css (新規追加)
ext_red.css (削除)
style.css
resource/script/ ディレクトリ内codepress.js
  • -
  • -