Serene Bach - sb Development Laboratory presents

<< Serene Bach 3.0 βの init.cgi 設定 [MySQL 編] | main | Serene Bach 3.0 βの init.cgi 設定 [Text 編] >>

Serene Bach 3.0 βの init.cgi 設定 [SQLite 編]

init.cgi にてデータベースの設定を行います。

init.cgi の設定は、先頭が「#」で始まる行はコメントして無視します。

ここでは SQLite をご利用される場合の設定例を簡単に解説します。

# --- database setting SQLite
driver	Sqlite
db_param	{name	./data/data.db}
db_param	{prefix	sb}

が SQLite の設定になります。

それ以外のデータベース設定はコメントアウトして下さい。

空白は tab になっています。余計なスペースがあると正しく設定が認識されない場合がありますので、ご注意ください。また、各設定は {} で囲まれています。これを外してしまうと正しく設定されません。

db_param	{name	./data/data.db}

SQLite データベースファイルを指定します。

この例では、sb.cgi / admin.cgi などの各種 cgi スクリプトからの相対パスでしていますが、絶対パスで指定することも可能です。

ファイルが存在していない場合は、自動的に作成されます。パーミッションなどの設定により作成できない場合は、エラーになります。

db_param	{prefix	sb}

データベース上に作成するテーブルの接頭子を指定します。sb の部分が接頭子になります。

この場合、「sb_entry」といったテーブルが作成されます。同一データベースファイル上に複数の Serene Bach 用のデータを置きたい場合などに利用します。

SQLite を利用する場合、設定も複雑にならず、移植も簡単に行えるので、お手軽にご利用できるかと思います。

  • -
  • -